ビート草木染め 色見本

左から アルミ媒染 銅媒染 鉄媒染

ビートはヒユ科の植物である

ビートは草本の二年生植物または稀に多年生植物で、1mから2mの高さに育つ、葉の多い茎をもつ。

その葉はハート形で野生のものでは5cmから20cmの長さである(栽培品種ではしばしばこれより大きい)。

花は密集した穂の中で作られる。それぞれの花はとても小さく、直径は3mmから5mm、緑色または赤味がかっていて、

5枚の花弁を持つ風媒花である。果実は堅い小堅果の塊である。

テーブルビートの赤や紫の色はベタレイン色素の種類によるものであり、赤キャベツのような他のほとんどの赤い植物と違い、

アントシアニン色素を含まない。異なるベタレイン色素の構造は変わることがあり、ありふれた深い赤色に加えて、

黄色や他の色といったテーブルビートの特徴をもたらす。ビートに含まれるベタレインにはベタニン、イソベタニン、

プロベタニン、ネオベタニンがある(赤から紫の色素はまとめてベタシアニンとして知られる)。

ビートに含まれる他の色素にはインジカキサンチン、ブルガキサンチンがある(黄色からオレンジ色の色素は

ベタキサンチンとして知られる)。インジカキサンチンはサラセミアに対する強力で保護的な抗酸化剤であり、

α-トコフェロール(ビタミンE)の分解を阻害するとみられている[要出典]。

ビートの根に含まれるベータシアニンは、それを分解できない人に赤尿を起こすことがある。

顔料は細胞の液胞に含まれている。テーブルビートの細胞は極めて不安定で、切られたり、熱せられたり、

空気や日光にさらされたりすると流れ出る。これが赤いテーブルビートが紫色の染みを残す理由である。

しかしながら、料理のとき、表皮を付けたままにすることで、細胞の整合性を保ち流出を抑えることができる。

季節の草木染め と 色 と インスタレーションの世界 (駒澤菜穂子 染の世界)

四季の草木(よもぎ カラスノエンドウ たんぽぽ セイタカアワダチソウ etc)の自然の色を美しい草木染めでストールなどの作品としてを染め上げます。NHK学園とNHK文化センターにて講座を開設しております。また、美術館、ギャラリーにて様々な草木染を用いたインスタレーション作品を制作しております。

0コメント

  • 1000 / 1000