ケブラチョ 草木染 色見本

南アメリカ産、ウルシ科のしん材より抽出してもらえるタンニンです。

鞣し剤として重要なものはSchinopsisi balansae とSchinopsisi lorentzi

の2種類の近緑の樹木のしん材よりえられなす。

このエキスは暗褐黒色で60%以上のタンニンを含みます。タンニン剤としては縮合型タンニンに属します。

冷水には余りよく溶けません。

上からアルミ 真ん中が銅媒染 下が鉄媒染となります

季節の草木染め と 色 と インスタレーションの世界 (駒澤菜穂子 染の世界)

四季の草木(よもぎ カラスノエンドウ たんぽぽ セイタカアワダチソウ etc)の自然の色を美しい草木染めでストールなどの作品としてを染め上げます。NHK学園とNHK文化センターにて講座を開設しております。また、美術館、ギャラリーにて様々な草木染を用いたインスタレーション作品を制作しております。

0コメント

  • 1000 / 1000